小中学生の学習のイマ(1)
進学校に通う中学生の65%が電子辞書を使用しています。
ユーザーの証言(1) 高田澪さん 詳しくはこちら
ユーザーの証言(2) 副田優輝くん 詳しくはこちら
(事実)シリーズ(1) 「進学校に通う中学生の65%が電子辞書を使用しています。」 ユーザーの証言(1) 高田澪さん 詳しくはこちら ユーザーの証言(2) 副田優輝くん 詳しくはこちら

電子辞書を使用する理由は、利便性だけではない

「進学校といわれる偏差値の高い中学校に通う生徒の65%が電子辞書を活用しているというアンケート結果については、私はこれを“必要不可欠なものとして使っている”と読みます。」

 西村氏は、素早く調べることができる電子辞書が、彼らの能率のよい学習に欠かせないのだと指摘する。そんな利便性に加え、エクスワードで注目すべきは、搭載されている5教科対応の豊富なコンテンツだ。

「電子辞書一台で、本棚の書籍が一気に増える、といったイメージでしょうか。小中学生に必要な書籍を網羅した豊富なコンテンツが知的好奇心をくすぐる。理解が深まるから、さらに学習意欲が高まっていく。それが、進学校に通う生徒の使用率の高さに結びついているのだと思います。」

多様なコンテンツの活用が、真の学力向上につながる。

エクスワードの中学生モデルには、基本辞書類はもちろん、毎日の予習復習から漢検や英検のための学習参考書、教養を広げる百科事典、さらに楽しみながらネイティブな発音が身につく英会話アニメ「リトル・チャロ」など、160もの頼れる学習コンテンツが収録されている。しかも、ネットの玉石混淆の情報とは異なり、すべてが信頼と実績のある情報だ。

西村氏は、この多様なコンテンツの活用こそが重要と強調した。

「学習の本質は、筋道を立てて考えること。多様なコンテンツの横断検索は知識の深堀りに役立ちます。こうした本当の意味での学習に、電子辞書は、一役も二役も買ってくれると思います。」

西村則康 家庭教師集団「名門指導会」代表

30年以上中学・高校受験指導に関わる。「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に入りこむ学習指導のみならず、受験を通じて親子の絆を強くするコミュニケーション術もアドバイスしている。著書に『年齢別 子どもの頭が必ずよくなる育み方』『中学受験は親が9割』ほか多数。

制作協力:プレジデントFamily
ユーザーの証言(1) 高田澪さん 詳しくはこちら
ユーザーの証言(2) 副田優輝くん 詳しくはこちら
中学生モデル XD-K3800 製品情報はこちら
小学生モデル XD-SU2800 製品情報はこちら
このサイトについてのアンケートにご協力ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック